2009年07月18日

スペランカー

スペランカー (Spelunker) は1985年12月7日発売されたアクションゲーム。主人公を操り迷宮の最下層を目指すサイドビューのアクションゲーム。



ヘルメットをつけた洞窟探検家を操作し、洞窟最下層にある秘宝の山をめざす。

敵キャラは探検家を追跡するゴーストと、糞を落とす蝙蝠の2種。それぞれ、エネルギーゲージを消費して放つブラスターと呼ばれる銃の様な武器と、アイテムの取得で使用可能になるフラッシュで退治できる。

秘宝の山にたどり着くと開始地点まで戻り難易度が上がる。以降はこれを繰り返す。
(Wikipedia)


ファミコンソフト「スペランカー」
posted by ファミリーコンピューター at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミコンソフト さ行

2009年03月04日

頭脳戦艦ガル

頭脳戦艦ガル(ずのうせんかんガル)は、1985年12月14日にデービーソフト(dB-SOFT)から発売されたファミリーコンピュータの縦スクロールシューティングゲームである。



地底・コア・宇宙の3種類に分類される全30エリアのそれぞれに1つのパーツが存在する。必要なパーツ数に比べてエリアが約1/3程度しか無いため、何周かしないと最終攻撃目標である"ドラッグ"に会うことはできない。パーツを100個集めた上で宇宙の最終エリアへ行くと、"ドラッグ"が出現するようになるが、背景に同化しているために知らないと簡単にスクロールアウトしてしまい、再び地底に戻ってしまうことになる。

高得点をマークしたプレイヤーに対し、デービーソフトは特製のプレゼントを用意していた。20万点突破で「ジスタスバッジ」、100万点突破で「ガル勲章」を貰えることが取扱説明書に記載されている。条件を達成したことが解る状態の画面写真を撮影し、説明書記載の通りにデービーソフトに送付することで、達成した条件に応じたプレゼントを入手することができた。
(Wikipedia)


ファミコンソフト「頭脳戦艦ガル」
posted by ファミリーコンピューター at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミコンソフト さ行

2009年02月16日

スターラスター

スターラスター(STAR LUSTER)とは、ゲームメーカー ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)が1985年12月1日に家庭用ゲーム機ファミリーコンピュータ向けに発売したゲームソフトである。



一人称視点の3Dシューティングであり、プレイヤーは戦闘機ガイアを操り、侵攻する敵勢力バッツーラを殲滅することが目的となる。

敵は幾つかの編隊に分かれて戦域に散開しており、放置するといずれ味方の基地や惑星を攻撃・破壊してしまうため、これらを広域レーダー画面で補足した後にワープし、会敵・殲滅を繰り返す形でゲームが進行する。

この作品の続編であるプレイステーション用ソフト「スターイクシオン」の設定によって、「ギャラクシアン」「スターブレード」「ギャラクシアン」「ギャラガ」「ギャプラス」など同社の他のSF系作品の多くとともにUGSF戦史に統合された。
(Wikipedia)


ファミコンソフト「スターラスター」
posted by ファミリーコンピューター at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミコンソフト さ行

2009年01月15日

スーパーマリオブラザーズ

スーパーマリオブラザーズ(Super Mario Bros.)は、1985年9月13日に任天堂が発売したファミリーコンピュータ用ゲームソフトである。



キノコ王国のお姫さまピーチ姫がクッパにさらわれた。配管工(大工)の兄弟マリオとルイージはピーチ姫を助け出すため、クッパが率いる敵たちを倒して陸海空を突き進み、いざクッパがいる城へ向かう。

社会現象とも言える空前の大ブームを巻き起こし、ファミコンゲーム、ひいては家庭用ゲームの認知度を高めるのに最も貢献したソフトであると言われている。シリーズ化され数多くの続編が出ており、またシリーズ以外にも多くの追随するゲームを生んだ。
(Wikipedia)


ファミコンソフト「スーパーマリオブラザーズ」
posted by ファミリーコンピューター at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミコンソフト さ行

2009年01月12日

シティコネクション

シティコネクション(City Connection)は、1985年9月27日にジャレコがリリースしたアーケードゲーム。同年、ファミリーコンピュータやMSXにも移植される。



15歳の少女・クラリスが理想の男性を捜し求めて愛車・クラリスカーで世界中を走り回るが、行く先々の国でパトカーに追い回される。

ゲームのルールはパックマン系のドットイート方式をアレンジしたもので、横スクロール画面(左右どちらでもスクロール可)で4段のライン上になっている足場を走りながら全て塗り潰せばクリア。この他、途中で出て来る風船を3個集めると他の面(ランダム)にワープする。

敵であるパトカーに対しては、路上に落ちているオイル缶を拾ってぶつけるとスピンするのでその状態で体当たりすれば撃退可能。おじゃまネコ・タケノコには効かない。
(Wikipedia)


ファミコンソフト「シティコネクション」
posted by ファミリーコンピューター at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミコンソフト さ行

2009年01月09日

ジャイロセット




ジャイロセット

1985年8月13日発売、希望小売価格5,800円
型番 - HVC-GYS
セット内容 - コマ2個、コマホルダー1個、コマトレイ1個、コマスピナー1個、コマハンド2個、専用カセット
ゲーム内容 - トレイにファミコン本体のIIコントローラをセットし、A・Bボタンと連動する部分をロボットが持ったコマで押し下げる事で、ゲーム画面上の赤・青のゲートが上下する。時々、2つのボタンを同時に押す必要が出てくる為、その際には一つのコマをスピナーで回転させてトレイに置き、その間にもう一つのコマをロボットに持たせ押し下げる。

DIRECT - 画面上でロボットに直接命令する練習用モード。
GAMEA - 博士を操作してステージ内に仕掛けられた爆弾を除去する。STARTボタンで「送信モード」になりロボットへ命令する。敵キャラクターのスミックが邪魔をするが、カブラ(赤カブ)を与えて動きを止めたり、ゲートで押しつぶす事ができる。交互でプレイする2人用もある。
GAMEB - 寝ぼけて右方向に歩き続ける博士を、ゲートを上下させてゴール地点まで誘導する。
(Wikipedia)
posted by ファミリーコンピューター at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミコンソフト さ行

2008年11月10日

スペースインベーダー



スペースインベーダー (Space Invaders)は、株式会社タイトーが1978年(昭和53年)に発売したアーケードゲーム。
ファミコン版は、1985年4月17日に発売される。
posted by ファミリーコンピューター at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミコンソフト さ行

2008年09月01日

ジッピーレース アメリカ大陸横断レース

ジッピーレース』(Zippy Race)はアイレムより]1985年7月18日登場したゲーム作品。



ゲーム内容

* オートバイに乗って、スタート地点であるロサンゼルスから途中4つのチェックポイントを通過し、ゴール地点であるニューヨークを目指す内容のアメリカ大陸横断レースである。
* 2方向レバーでオートバイを左右に移動し、2つのボタンで加速、減速を行う。
* 走行中に自動的に燃料が減っていく他、他の車や障害物に接触したり、コースから外れると燃料が一定量減る。燃料切れになるとゲームオーバー。
* プレイヤーは途中に落ちている燃料缶で燃料が補給できる他、各チェックポイントに到着した時にも、走行順位に応じて燃料が補給される。
* レースをモチーフとしていて、順位が設定されていてスタート時には90位からはじまる、レースと無関係のトラック以外の車を追い越すと順位が上がっていき、1位になると車が出なくなる。

* チェックポイントは以下の通り。

ロサンゼルス→ラスベガス→ヒューストン→セントルイス→シカゴ→ニューヨーク

* ニューヨークまで到着すると、またロサンゼルスから始まりオートバイの排気量がクラスアップしている。クラスアップした分速度も上がり難易度も上がっている。

(Wikipedia)
posted by ファミリーコンピューター at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミコンソフト さ行

2008年03月18日

スターフォース



スターフォース』(STAR FORCE)は、1984年にテーカン(現・テクモ)から発売されたアーケードゲーム。
本作は家庭用テレビゲーム機やPCにも移植され、ファミコン版は
1985年6月25日に発売された。
posted by ファミリーコンピューター at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミコンソフト さ行

2008年03月12日

スパルタンX



スパルタンX(−エックス)は、アイレムより発売されたゲームソフトである。

1984年にアーケード用の横スクロール格闘アクションゲームとして発売された。

またこれを、任天堂が1985年6月21日にファミリーコンピュータ用ソフトとして移植、発売した。

作品解説
主人公トーマスを操作して、左右、しゃがみ、ジャンプによる移動と、パンチとキックを組み合わせて敵を倒しながら進み、その階のボスを倒してシルビアの所までたどり着くのが目的。階をクリアする前に体力がなくなるか制限時間が切れるとミスとなりトーマスの残り人数が減る。逆にスコアが5万点を超えるとトーマスの残り人数が1つ増える。トーマスの残り人数が無くなるとゲームオーバーとなる。

ステージは全5階で構成され、奇数階は左方向、偶数階は右方向へと進む。奇数階は主に人間の敵が次々とあらわれ、偶数階は様々なトラップが仕掛けられている。各階にはそれぞれ最後にボスが待ち受けており、1階は棒術使い、2階はブーメラン使い、3階は怪力男、4階は妖術使い、5階はMr.Xとなっている。5階をクリアーするとシルビアを助けることができ、一応のエンディングをむかえる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by ファミリーコンピューター at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミコンソフト さ行

2008年02月09日

サッカー



サッカー』は、1985年4月9日に任天堂から発売されたファミリーコンピュータ用スポーツゲームである。

プレイ内容
選手は1チームにつき5人+ゴールキーパー1人である。プレイヤーがコントロールできるのは選手のうち1人だけ。コントローラーのBボタンを押したときに、その時点で最もボールに近い位置にいる選手をコントロールすることができる。それ以外の選手はコンピュータの判断により自動的に動く。ゴールキーパーは常時コントロールすることができるが、ペナルティーエリアの外に出させることはできない。また、ロスタイム制度がない。

時間内に決着がつかなかった場合、PK戦となる。それでも決着がつかなかった場合は引き分け。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by ファミリーコンピューター at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミコンソフト さ行

2007年10月31日

ゼビウス




ゼビウス』(XEVIOUS)は、ナムコ(現:バンダイナムコゲームス)から1983年2月に発表されたアーケードゲーム。ジャンルは縦スクロールのシューティングゲームである。
posted by ファミリーコンピューター at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミコンソフト さ行